妊娠 つわり

お腹が空くと吐き気がして匂いにも敏感になった

 

 

"8週目から13週目くらいまでつわりに苦しみました。

 

特に少しでもお腹が空くと吐き気が襲ってくるのでとにかく何か食べたくなりました。

 

しかし体重増加が気になるので好きなものを好きなだけ食べるわけにもいかず食べたい気持ちと葛藤するのが辛かったです。

 

病院では体重増加に気を付けるようにと初めから言われていました。

 

本当はフライドポテトやたらこ、いくらといった魚卵のおにぎりをおなか一杯食べたいところでしたがそれもできなかったので何とか空腹を紛らわすことがつらかったです。

 

妊娠中は仕事をしていなかったので日中家に一人でいました。

 

そうすると考えることは吐き気と食べ物のことばかりです。

 

外出していると吐き気も楽になるのですが他の人の香水や柔軟剤の匂いにも吐き気を感じてしまいました。

 

人工的な匂いが特に具合が悪くなるので自宅でも柔軟剤や入浴剤を使えなくなりました。

 

今まで大好きだったラーメンや焼き肉などもにんにくの匂いがきつく食べられなくなったもの悲しかったです。"

 

 

妊娠初期からのつわりの対処法について、参考サイトはこちら!→http://zhiyeshikong.net/
そして、出来れば妊活中から飲みたい葉酸サプリですが、人気のベルタと美的ヌーボを比較し、どちらを購入すべきか考えてみることをおすすめします!

お腹が空くと炭酸水を飲んでしのぎました

 

 

"体重増加に気を付けなければならなかったので好きなものを食べるわけにはいかず、でも食べなければ吐き気に襲われるので無糖の炭酸水を飲んでお腹を満たしていました

 

本当は炭酸ジュースが飲みたいところですが太ってしまうので無糖の炭酸水にしました。

 

吐き気を感じるとちょっとずつ飲んでいたので出かけるときもいつも持ち歩いていました。

 

家にいると気持ちが滅入ってくるので外出もよくしていました。

 

天気のいい日は近所を散歩して、少し離れた大型ショッピングセンターで時間を潰すことも多かったです。

 

大型ショッピングセンターは見る物がたくさんあるので吐き気や食べ物のことをあまり考えなくて済みました。

 

しかし他のお客さんの香水の匂いや洋服の柔軟剤の匂いにはかなり吐き気が起こるのでマスクが手放せなかったです。

 

鼻と顔の周りにぴったりとマスクがつくようにして少しでもにおいを感じないようにしていました。

 

そこだけを気を付ければ大型ショッピングセンターはつわりのときのいい気分転換になる場所でした。"

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます♪